2018ANAダイヤ修行

【2018ANAダイヤ修行3】韓国発券スタート LCCエアーソウルで金浦発券をつなぐ

今私はANAの上級会員であるダイヤモンドを継続すべく韓国発券も利用していこうと思う。昨年行った「石垣ー金浦」が意外と楽しかったのです。韓国発券の旅行を急遽探して何とか取れたLCCのエアーソウル便を利用して韓国(金浦)発券のチケットを取りに行きましたがLCCを利用したことで失敗。

預入荷物の受け取りに時間が掛かり、金浦空港へ金浦発券分のチケットを受け取るだけという滞在時間的にも少ない修行的になってしまったのが残念なところ。超つまらない韓国へ行っただけとなってしまいました



旅程

海外発券の金浦発券となっておりますので、金浦へチケットを取りに何かしらの方法で行く必要があります。今回はLCCのエアーソウルを利用して韓国は仁川までいって金浦発券につなげます。今回は出発直前、そしてオリンピック期間の為かLCCの東京発⇒韓国はどこも満席で手配できない状態。出発地を変更したところ富士山静岡空港⇒韓国(仁川)がありました。LCCエアーソウル便を利用です

■LCC エアーソウル 13,700円(片道)

  • ①03/03 RS711 富士山静岡(12:30)⇒仁川(14:50)0pp

■韓国金浦発券(51,950円 内スカイコイン50,950円)

  • ⑬03/03 NH868 金浦(20:30)⇒羽田(22:30) 568pp
  • ⑭03/04 NH089 羽田(06:15)⇒石垣(09:35) 3672pp 当日UG成功
  • ⑮03/04 NH092 石垣(15:35)⇒羽田(18:15) 3672pp 当日UG成功 ※1便前倒し変更してANA90便に変更
  • ⑯06/01 NH867 羽田(20:00)⇒金浦(22:20) 568PP

イザ富士山静岡空港へ!

新幹線ひかりで静岡へ

普段は出張なども飛行機に寄せているので新幹線は久々でございます。今回は『ひかり』で少し静岡へ早目に行って静岡グルメでも堪能しようと思う。それにしても久々の新幹線少し緊張してしまう・・・

それにしても新幹線の指定席は広いですね。快適さ特に足元は飛行機と比べると新幹線の圧勝です!足元は超広々で快適!!

牛肉どまん中でご満悦

朝早い新幹線でしたのでお弁当。ウメーに決まってますがな


駅近の静岡おでんを食らう

富士山静岡空港行きのバスは9:30出発なのでまだ1時間ほど時間が有ります。先程お弁当を食べたばかりですが静岡おでんが食べれる人気B級グルメスポットの「おにぎりのまるしま」へ。鈴岡駅から徒歩3分ほどの所なのでとても近い


高速バスで静岡空港へ

新幹線は静岡駅で停車し静岡駅からも高速バスが出ておりますが、結構混んでたので乗れないかもしれないと思い1駅目の新静岡駅へ移動。徒歩5分でいけますがこれが大正解。静岡駅で最後の3人組が乗れない事態に。


富士山静岡空港へ到着

エアーソウルは初めての搭乗です。なんでも初めてはドキドキします

沼津 魚がし寿司 の 「駿河重」で静岡を味わう

お刺身で舌鼓。満腹でございます


エアーソウル RS711便で韓国仁川へ

しっかりとお腹も膨れたところで出国手続きをしてエアーソウル便へ搭乗です。

LCCなのにモニター付いてるんですね。大した無いようなものはやってませんでしたが。特に狭い印象も感じず快適に過ごせました。狭くないと思って調べたらアシアナの機体を使ってるからなのですね。フルキャリア仕様のLCCって結構お得感ありますね


仁川へ無事に到着

韓国のりなどのお土産も頼まれていたのでキャリーバックを今回持って行ったのですがこれが失敗。キャリーバックが全然出てこない。。。出てきたのがほぼ最後w。1時間以上待ちました。この後の予定総崩れw。

ANAのダイヤモンドだと荷物がほぼ最初の方に出てくるのに慣れてました。ANAのSFCの特典「手荷物の優先受け取り」の有難みを再認識した次第です

明洞観光はキャンセル

手荷物受取に手間取り仁川の到着ゲートを出たのが15:45。

金浦発が20:30、チェックインも考えて19:00には空港に居たい。3時間15分だと観光もままならないので明洞観光の予定を変更して金浦空港で家族へのお土産を購入することにします。

<次の話>

スポンサー ドリンク


関連記事

ピックアップ記事

  1. ホテルの宿泊無料特典が付く「SPGアメックス」のメリット・デメリットなどお得な入…
  2. ルメリディアン・クアラルンプール【2018.01】
  3. ANAアメリカン・エキスプレス・カードを使って感じたメリット・デメリット!お得な…
  4. ANAアメックスゴールド発行で最大62000マイル【2018年4月】
  5. 中国国際航空(エアチャイナ)のビジネスクラスを利用して思った事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事

PAGE TOP