旅アイテム

海外旅行中にカメラが盗難。アメックスの保険に助けられた

ヤ・ラ・レ・タ!!

タイ・バンコク旅行中にデジタルカメラを盗まれました・・・

本当気を付けてたんですけど一瞬でしたね。参りました。盗まれたと分かってきたら今年購入したばかりのカメラってことや、写真のことなどが頭を巡りしばし放心状態ででした。

が、アメックスの付帯保険で購入金額が保険適用になったのでそれまでの経過を記事にまとめてみました。



保険会社に連絡する

すぐに保険会社へ電話することが良いと思います。私の場合、財布で目に入ったのがアメックスでしたのでアメックスに電話しました。なぜVISAに電話しなかったかは覚えてない。アメックス=旅カードみたいな頭なので無意識に掛けてたんだと思います。無料のクレジットカードでも保険が適用になるケースがあるのでまずはクレジットカードの保険会社に連絡してみるのが一番です

大体の場合が24時間受付対応しているので自分自身が落ち着いたらまずは保険会社に連絡してみると良いと思います

以下、主要保険会社のページをピックアップしました。一応電話番号など確認してみると良いと思います。

スポンサードリンク

海外からは大体どこのカード会社もコレクトで受け付けてるので安心ですが、ホテルに宿泊の際は、フロントにコレクトでお願いした場合であっても国際線の通話手数料を請求される場合もあります。念の為、フロントに直接行って事情を説明しフロントから直接コレクトをかけてもらうと良いと思います。

私の場合、コレクトをお願いする際にフロントに確認したところ、コレクトでも手数料はかかるとの事でした。しかし、事情が事情なのでフロントの電話を利用して手数料無しで今回は特別にOKとの事でした。ホテルによって対応は違うと思いますが交渉の余地はあると思います。

保険会社に報告する内容

フロントで保険会社にコレクトでお願いし、保険窓口に電話して以下の事を伝えたと思います

  • 日時
  • 場所(大体でOK)
  • 盗まれたアイテム
  • 盗まれたものの大体の金額(購入時の金額)
  • どんな感じで盗まれたか

上記を総合的に判断して、電話で保険の適用か適用でないかこの電話で判断してくれると思います。私の場合、今回のケースは適用となるようです

ポリスレポートの取得

保険適用と判断されると『ポリスレポート』の取得を依頼されます。一瞬???でしたが、現地警察の調書で盗難があった事実を証明するものです。後ほどタイバンコクで取得した方法を記載しておきます。

しかし、ポリスレポートの提出は絶対ではないそうです。これから飛行場に向かう場合や、空港で盗難があった場合は無理なケースもあると思います。そこは相談しましょう。

あればスムーズに手続きが進んでラクという程度のようです

保険金請求に必要なもの

保険会社へ連絡すると、自宅に保険金請求書を送付してくれてると思いますので作成して提出しますが、以下のものが必要でした。

①ポリスレポート

盗まれた事実を証明するために有った方がスムーズです。キチンと盗まれたという事実盗まれたものが記載されてるか確認しましょう。取りに行く時間がない場合や、日本に帰ってから盗まれた事に気づくケースもあると思います、保険会社に相談してみるのが一番いいと思います。

②購入証明書

領収書が有れば一番ですが、ほとんどの方は持って無いのではないと思います。その場合は、保証書やクレジットカードの明細でも対応できるそうです。それでもない場合は、相談してみると良いと思います。私は保証書とクレジットの明細を添付しました

③パスポートのコピー

海外旅行していたと証明するためにスタンプが必要だそうですが、飛行機のチケットの半券などでも良いそうです

④保険金請求書

後日保険会社から送られてきます。盗まれた日時や、状況、盗まれたもの金額や型式など必要事項記入して送付します

1週間ほどで保険金の入金

私の場合、ポリスレポート、保証書、クレジットカードの明細、パスポートのコピーを提出しました。ポリスレポートにはバンコクの警察署で見た価格コムでの金額の約7万円が記載されてましたが、購入時のクレジットカードの明細を添付して購入時の91816円が適用となりました。

自己負担の3千円がマイナスされ、88816円が入金されました。この間保険会社から問い合わせなど一切無く、振込日の連絡だけが有りました。超スムーズでえっ?もう終わりなの?という感じ。

10万円以上のものは極力持っていかない!

なぜ10万円かというと海外旅行についている携行品の保険は、1アイテム10万円までの保証が基本で、10万円をオーバー分は保証されません。なので海外旅行に行くためにカメラなどを購入する際は、購入金額10万円を一つラインで考えておくのも良いと思います。アイテムの1年経過毎に減価償却され保証金額も毎年下がりますのでそこらへんも頭に入れておくと良いと思います

ホテルの方も言ってましたがお盆や正月時期のアジア人=日本人と現地では思われているそうで、スリや窃盗のターゲットになりやすいそうです。気を付けましょう!!

このお盆時期でもそのホテルの滞在者で何組か日本の方がグループで行動していたにも関わらず被害にあわれているとの事。なので絶対に保険があった方が安心です。別にお金を掛ける必要もありません

まとめ

年会費は高いですがアメックスカードを持っていて本当に良かったと思いました。バンコクでも日本語で対応してくれて安心でき、新しいカメラも調達できました。

海外旅行では本当にどのような形で何が狙われるか分かりません。やはり日本人はターゲットになりやすいのも事実だそうです。私の場合カメラで途中の写真が無くなったのが本当に悔しい。でも保険に入っていてのでカメラはまた同じものを新しく購入することが出来ました

日本の治安の良さを本当に実感できましたし、今後の海外旅行の良い教訓にもなりました。とはいっても空港で保険に入るのも面倒でお金も掛かるので、携行品損害等の海外保険が自動付帯されるアメックスは持っておいて損はないと思います

SPGアメックスは海外盗難保険も充実!高級ホテル無料特典もある

SPGアメックスの詳細&お得な入会方法:http://otoku-travel.com/spg_amex/

ホテルの宿泊無料特典が付いて上級会員になれる「SPGアメックス」のメリット・デメリットなどお得な入会方法は?

スポンサー ドリンク


関連記事

ピックアップ記事

  1. 羽田夜着&早朝便 3500円で宿泊設備有 羽田空港へ送迎付【天然温泉 平和島】
  2. 中国国際航空(エアチャイナ)のビジネスクラスを利用して思った事
  3. ANAアメックスゴールド発行で最大62000マイル【2018年4月】
  4. マイルガッポリ!事業主必携!福利厚生が充実するアメックスビジネスゴールド
  5. ANAアメリカン・エキスプレス・カードを使って感じたメリット・デメリット!お得な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事

PAGE TOP