2017年ANAダイヤ修行

中国国際航空ビジネスクラスで行くオーストラリア弾丸旅行⑦【シドニー国際空港→北京編】

ブルーマウンテンがホワイトマウンテンだったりと何とも心残りのオーストラリア旅行となりました

しかし今回の旅行目的は【ANAのPPを中国国際航空のビジネスクラスを利用して効率よく最大限に貯める事】なので割り切って今度ゆっくりと再訪したいと思います



タクシーの中からもう少しゆっくりしたいなぁと思いを馳せながら空港へ向かうのであります

中国国際航空のチェックインは出発の約3時間前から開始でした

空港へ16:30に到着しましたが中国国際空港のチェックインはまだしんみりとしております。空港職員に聞くと17:30からのようです。まだ60分ほど時間があるので出国の準備やお土産購入とかをしておきます

出国カードを記入する

オーストラリアは出国するにもカードの記入が必要のようです

>>出国カードの書き方

お土産購入

ツアーのガイドさんがシドニーの街を案内してた時にこちらの『TimTam』のことをいろいろ教えてくれました。

  • オーストラリアっ子大好きなお菓子
  • 定番はノーマルチョコレート
  • 日本でもオリジナルは有るのでフレーバーはレア

ということで4個買うと22ドルのキャンペーンにのっかります

オリジナルとチェリーを2個ずつにしてみた

空港内のフードカウンターで食事も良さげ

各店の写真は撮りませんでしたがサンドイッチやスムージーなど、出国手続きエリア外にも関わらずかなりフードコートが充実してる印象です。今回は一人でボリュームもあるのでラウンジで食べようと思いパス

チェックイン開始

17:20ごろになったらカウンター前がにぎやかになってきました

チケット発券完了

最初何も言わなかったら『シドニー⇒北京』の分のチケットしか発券してもらえなかったので『PEK⇒HND プリーズ』と言ったら通じたようで『北京⇒羽田』もここで発券してもらえました

奥様へのお土産でキャッシュ&クレジットカードで現金使い果す

オーストラリアドルも20ドルちょっと残ってるので免税店をチラホラ見てたら78ドルの50%オフの39ドルのネックレスが売ってました。キャッシュ&クレジットカードOKということで6ドルほどをクレジットカードで支払いました。

これで嫁様も少しは喜んでくれるでしょう

50%オフシールは剥がしましょう

50%オフシールを剥がすかと思って最後まで見てたら剥がさずそのまま袋でした。日本では当たり前に剥がしてくれますが海外は少し感覚が違いますね。気を付けたほうが無難です。お店の外で剥がしました

ニュージーランド空港ラウンジに潜入

中国国際航空はニュージーランド航空のラウンジを案内されました

充実のフード類

サラダやフルーツ

サンドイッチ、ケーキ、マフィン、スナックなど

ホットミール、ライスなど

このチンジャオロースみたいなの美味しかったです。

ホットミールはタコスかな?ハンバーグみたいなのをオーダーごとに焼いてくれます

サンドイッチも具沢山です。小ぶりなので丁度よかったです

 小腹を満たしたらフルーツとチーズでまったり2時間過ごします。

ちなみにシドニー⇒北京便で機内食がでたのが22:00頃でした。まぁ食べ過ぎましたね

と出発までの約2時間をラウンジでまったりと過ごしました

中国国際空港CA174便のビジネスクラスでいざ北京へ

いよいよオーストラリア弾丸旅行の終盤です。54番ゲート。やっぱりアナウンスもなく搭乗開始です

ウエルカムドリンクはシャンパンにしました。重厚なグラスでおもてなし感を感じます

モアナと伝説の海2回目の上映です

機内食

ビジネスクラスの楽しみといえば機内食。今回はウエスタンのラムチョップを選択しました。見た感じメインとサラダ丁度良いなと思って完食しました。このお肉をてっきりラムだと勘違いしてました

デザートが来たかと思ったらメインのラムチョップでした。ラム肉の他にかぼちゃのマッシュや野菜とかなりのボリュームがあります。行儀が悪いがお腹は満腹なのでここはラム肉だけを頂きました。これがまたかなり美味しかった

お腹も満腹にモアナも最後まで見て夢心地タイムに突入です。やっぱりフルフラットシートは最高です

軽食

何だか周りの良い匂いに起こされ気づいたら朝食タイムでした。着陸の1時間30分ほど前でした

とりあえずソーセージとフルーツだけ頂いた

インスタントコーヒーだろうけどほっとする朝のコーヒータイム

北京国際空港へ到着

噂の沖止め。今回も安全に北京までありがとう!快適でしたよ

VIPバスは10人乗り

速攻で出たマイクロバスは10人乗りは1台だけ用意されてました。ビジネスは18人だったと思います。早い者勝ちですね。アルファードの革張りのようなシートでゆったり座りながら10分くらい移動しました。沖止めでこんなに乗るとは思いませんでした

途中エンジンを下してるボーイング

鬼門の北京国際航空ので国際線乗り継ぎ

ここまで結構ダッシュしました。間違いなくCA174便では一番乗りでしたがこの位置です。

国際線乗り継ぎは50分ほど掛かりました。途中からゲートが2人体制になったので少し早まったかな

CA181便の出発までは2時間ちょっとあります。フードコートもほとんど空いてないのでラウンジに行くことにします。

<前の話>

<次の話>


スポンサー ドリンク


関連記事

ピックアップ記事

  1. マイルガッポリ!事業主必携!福利厚生が充実するアメックスビジネスゴールド
  2. ホテルの宿泊無料特典が付いて上級会員になれる「SPGアメックス」のメリット・デメ…
  3. ANAアメリカン・エキスプレス・カードを使って感じたメリット・デメリット!お得な…
  4. 中国国際航空(エアチャイナ)のビジネスクラスを利用して思った事
  5. ANAアメックスゴールド発行で最大62000マイル【2018年4月】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事

PAGE TOP