2018ANAダイヤ修行

【ダイヤ修行】4月GW前半 クアラルンプール滞在半日でSPG修行もこなす!

GWとなりますが今回も海外発券のつなぎで、クアラルンプール弾丸旅行ですが今回はアップグレードポイントを使って羽田⇒クアラルンプールは「ビジネスクラス」へアップグレードできました。どんな弾丸SFC修行旅行だったんでしょうか?



旅程

■クアラルンプール発券 プレミアムエコノミー(86,550円 内スカイコイン85,500円

  • ⑱03/31 NH866 クアラルンプール(14:15)⇒羽田(22:05) 5407pp
  • ⑲04/29 NH993 羽田(06:50)⇒沖縄(09:30) 1968pp 
  • ⑳04/29 NH092 沖縄(15:10)⇒羽田(17:40) 1968pp 
  • 04/29 NH885 羽田(23:30)⇒クアラルンプール(翌06:00) 5407PP(※ビジネスUG)

■クアラルンプール発券 エコノミー(64,420円 内スカイコイン63,420円

  • ⑱04/30 NH886 クアラルンプール(14:15)⇒羽田(22:05) 2503pp
  • ⑲05/02 NH479 羽田(20:00)⇒沖縄 1968pp 
  • ⑳05/03 NH092 沖縄(11:45)⇒成田 1968pp 
  • ㉑05/03 NH815 成田(16:55)⇒クアラルンプール2503PP

羽田で腹ごしらえ&シャワー

沖縄も楽しんでほぼ定刻に羽田へ到着。ANAのラウンジへは余裕をもって到着できた。スイートラウンジの「ダイニングh」を利用するには19:30前に並んでステーキにありつけた。私がよく利用する連休は混雑してて難しいのかもしれない

シャワーも浴びてまったりとラウンジで過ごしてたら搭乗時刻。今回はアップグレードポイントの8ポイントを使ってビジネスクラスへアップグレードしております

いざマレーシアへ

久々のビジネス。8アップグレードポイントを使ってのビジネスです

今回はスタッガードシート


響17年のハイボールを頂く

今や希少な響17年。ハイボールで頂きます。

ほろ酔いでフルフッラットにて就寝。本当飛行機で足伸ばして寝れるのは寝た満足度違います

NH885便 朝食

明け方の4時ごろでしょうか、起こされまして朝食が配膳されました。せっかくのビジネスなので食べようと思いましたが食欲が全くなく写真だけ。

一口だけしか食べてないのでCAさんも気にかけてもらいましたが「朝4時なので無理して召し上がらず、雰囲気だけでも楽しんでください」との優しいお言葉。正直、朝到着してチェックインするSPGのアロフト クアラルンプールの朝食のほうが楽しみです


無事入国しアロフト クアラルンプールへ

今回は2000ポイントの無料宿泊で7:30チェックインの10:00チェックアウト。今回もSPGの滞在実績を付けるための滞在、賞味2時間半の利用です。

今回もアップグレード頂きました。いつも思う意味深なバナナ

部屋は前回と一緒なので詳細はそちらで

NOOKで朝食

アロフトのNOOKのラクサはマジでおいしい!糖質オフのして麺無しのラクサ


クアラルンプール国際空港へ

今回は午後便で日本に帰るので10:30ごろチェックアウトです。ここ最近は電車代を抑えるためにKLIAトランジットで途中下車して電車代を抑える乗り方をしてます。

マレーシア航空のゴールデンラウンジへ

今年に入ってからANAの指定ラウンジがワンワールドのマレーシア航空のラウンジに変更になってますよね。

滅多にワンワールドのラウンジ利用する機会もないのでラウンジを楽しみます

今回もチキンライスのセットです

クアラルンプールは早めにゲートへ向かいます

NH886 クアラルンプール⇒羽田

帰りの便はアップグレードポイントが使えない運賃でしたのでエコノミーです

NH886 機内食

チキンをチョイス!

ここ最近はリメンバーミーが定番です

ハイボールも楽しみつつ羽田に到着

とまぁクアラルンプールの海外発券も無事消化

今回この行程で11846PPが加算され48,158PPとなりました

明日から仕事に出てGW後半が始まる2日後にはまたクアラルンプール発券をつなぎます

スポンサー ドリンク


関連記事

ピックアップ記事

  1. ANAアメリカン・エキスプレス・カードを使って感じたメリット・デメリット!お得な…
  2. 羽田夜着&早朝便 3500円で宿泊設備有 羽田空港へ送迎付【天然温泉 平和島】
  3. 中国国際航空(エアチャイナ)のビジネスクラスを利用して思った事
  4. マイルガッポリ!事業主必携!福利厚生が充実するアメックスビジネスゴールド
  5. ルメリディアン・クアラルンプール【2018.01】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事

PAGE TOP