2018ANAダイヤ修行

【2018ANAダイヤ修行2】クアラルンプール海外発券⇒沖縄 その1

ANAの上級会員であるANAダイヤモンド。嫁様も上級会員の好待遇を味わい来年度もANAダイヤ必達至上命令が出されたぶんぺーでございます。簡単に上級会員と行ってもたくさん飛行機に乗らないといけないわけで、40過ぎの親父が2018年もANAダイヤ獲得に向けて飛行機たくさん乗って頑張るのであります

まずは会社が終わり19:30に羽田へ到着し、スイートラウンジへ。ダイニングhで最後のステーキにありつけ、幸先よくANA2018ダイヤ修行第2段のスタートが切れます



旅程

⑥~⑨を今回はこなしました

⑧の沖縄行は今年度のアップグレードポイント消化でUG。⑨は空席待ちでANA90(12:25発)に変更

■クアラルンプール発券/エコノミー(63,284円 内スカイコイン62,000円)

  • ③終01/06 NH886 クアラルンプール(14:15)⇒羽田(22:05)
  • ④終01/07 ANA241 羽田(07:25)⇒福岡(09:25)
  • ⑤終01/08 ANA240 福岡(14:20)⇒羽田(15:55)
  • ⑥⇒02/10 NH885 羽田(00:05)⇒クアラルンプール(06:45)

■クアラルンプール発券/エコノミー(52950円 内スカイコイン51,000円)

  • ⑦⇒02/11 NH886 クアラルンプール(14:15)⇒羽田(22:05)
  • ⑧⇒02/12 NH993 羽田(06:40⇒沖縄(09:30)ポイントでUG
  • ⑨⇒02/12 NH478 沖縄(20:50)⇒羽田(23:00)※当日UGで前倒し
  • ⑩03/30 NH885 羽田(23:30)⇒クアラルンプール(06:00)

劇混みのスイートラウンジ

劇混みのスイートラウンジ

2月の連休に会社が終わり羽田へ向かい、スイートラウンジ到着は20:00ごろ。ダイニングhの待ち人数は4人シャワーに関しては17人待ちww

とりあえず泡でまたーり過ごします

 

約1時間待って21時ごろダイニングhへ通されました

ダイニングh

羽田の深夜便にしたのはもちろん「ダイニングh」を堪能するためでございます。スタッフがステーキは最後と言われるではありませんか!もちろんステーキを頂きました。とはいってもすごい混雑ぶり。

2月のダイニングhのステーキは「北海道産国産牛サーロインステーキ」でした

北海道産国産牛サーロインステーキ

最近お腹が出てきたので炭水化物のご飯は遠慮しました

なんとも見事な焼き加減。こんなステーキが食べれる無料で食べれるとは有り難い

本当に羽田のANAスイートラウンジのダイニングhは素晴らしいっす!

ブルックリン ラガーが有った。今まで有ったっけかな?

ブルックリンラガーを瓶でそのまま飲んでみた。飲みやすいです

スポンサードリンク

 

17人待ちのシャワーはギリギリ・・・

何とか搭乗40分前の23:00にスイートラウンジのシャワーを浴びれました

クアラルンプールへ

ダイヤの優先搭乗待ちが結構な行列。やはりクアラルンプールは安いから人気なんでしょうか

NH885便機内食

着陸前の朝食です。

  • A白身魚の照り焼き
  • Bイングリッシュマフィン&オムレツラタトゥイユ添え

白身魚の照り焼き

機内食の卵の加工感がとても嫌なので白身魚の照り焼きにしました。到着したらアロフトにチェックイン予定なので魚とフルーツのみ


 

クアラルンプールへ到着

タコ電車にのってイミグレに向かいマレーシアに入国です

早朝アロフトへチェックイン

SPG滞在実績のため宿泊しないで朝食頂いて昼過ぎにチェックアウト

※追記:マリオットとの統合後の滞在数チェックで判明しましたが同日チェックインの複数はNGだそうです。この結果、2滞在分無駄にしました。カスタマーの説明ミスとの事です。皆様も気を付けてください

こんな感じでアロフトの朝食に舌鼓。機内食控えてて良かった^^

 


飛行機ではゆっくり寝れなかったのでホテルで昼頃までまったり過ごし、駅のショッピングモールへお買い物。

 

スポンサー ドリンク


関連記事

ピックアップ記事

  1. ANAアメックスゴールド発行で最大62000マイル【2018年4月】
  2. 中国国際航空(エアチャイナ)のビジネスクラスを利用して思った事
  3. ANAアメリカン・エキスプレス・カードを使って感じたメリット・デメリット!お得な…
  4. マイルガッポリ!事業主必携!福利厚生が充実するアメックスビジネスゴールド
  5. 羽田夜着&早朝便 3500円で宿泊設備有 羽田空港へ送迎付【天然温泉 平和島】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事

PAGE TOP